診療案内|津市久居・松阪で歯科・歯医者をお探しの方はナカニシ歯科医院まで

  • 津市久居・ナカニシ歯科医院・電話
  • 津市久居・ナカニシ歯科医院・メニュー

歯周病とは

歯周病は、歯周病菌による細菌感染症で、日本人の成人の約8割もの人がかかっていると言われています。
プラーク (歯垢)が歯と歯ぐきのすき間にたまると、その中に潜む歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こして「歯周ポケット」を作ります。
初期症状は歯ぐきからの出血や腫れ程度ですが、進行するにつれて歯を支える歯槽骨までが溶かされていき、最終的には歯がグラついて抜け落ちることになります。
また、歯周病は糖尿病や誤嚥性肺炎などの全身疾患を誘発・悪化を引き起こしたり、妊娠中であれば低体重児の早産になったりと、全身にも悪影響を及ぼします。
歯周病をしっかりと予防するために、ご自宅と歯科医院での予防ケアを続けていくことが重要です。

歯周病と全身疾患

津市久居・ナカニシ歯科医院

歯周病は、お口の健康だけでなく、全身の健康にも悪影響を及ぼします。
歯周病菌が歯ぐきの中の血管から入り込み、血液とともに全身に巡っていきます。
歯周病菌自体は体の力によって血管の中で死滅しますが、菌が排出する炎症物質や、歯周病菌の死骸が持つ毒素はそのまま全身を巡っていきます。
このことが、糖尿病をはじめ、心臓疾患や脳疾患、誤嚥性肺炎、骨粗しょう症、メタボリックシンドロームなどの全身疾患を引き起こしたり、悪化させたりする原因となります。
また、妊娠中の女性の場合は、低体重児早産のリスクを高めることがわかっています。
お口と全身の健康を守るためには、歯周病の早期発見・早期治療、そして予防を行っていくことが重要です。

歯周病の予防方法

毎日のブラッシング

津市久居・ナカニシ歯科医院

歯周病の予防には、「歯磨きに始まり、歯磨きに終わる」と言われるほど、毎日の適切なブラッシングで歯周病の原因となるプラーク(歯垢)を除去することが、一番大切です。
軽症であれば、日々の歯磨きをしっかりと行うだけで症状が改善していきます。
また、歯周病予防に効果的な歯磨き剤や歯ブラシに、デンタルフロスや歯間ブラシなどを併用して、ご自分のお口に合ったブラッシング方法で磨き残しをなくし、プラークを確実に取り除いていきましょう。

定期メンテナンス

津市久居・ナカニシ歯科医院

毎日どんなにしっかり歯を磨いていても、プラークを完全に落とし切ることはできません。
そのため、定期的に歯科医院に通院して、クリーニングと検診を受けることが大切です。
通院頻度を歯科医院と相談して決めて、数カ月に1度はお口の健康チェックを受け、磨き残したプラークや歯石を取り除いてもらいましょう。
定期的に通院することで、自分では気づかない初期段階のむし歯や歯周病ができていても、早期発見・治療することも可能です。

禁煙

津市久居・ナカニシ歯科医院

喫煙の習慣があると、タバコに含まれているヤニやニコチンによって歯ぐきの血管が収縮してしまうため、歯周病にかかりやすくなるだけでなく、歯周病が治癒しにくくなります。
歯科医院で歯周病・歯周病予備軍と言われたら、必ず禁煙するようにしましょう。
歯周病が治っても、再び喫煙すると再発しやすくなるため、禁煙を続けることも重要です。喫煙は歯周病だけでなく、全身の健康にも悪影響を及ぼすものですので、強い意思で禁煙しましょう。

ページのトップへ戻る